♪♪ブログランキングへのクリック応援をお願いいたします♪♪
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

2023年12月07日

煮崩れない肉じゃが

肉じゃがって美味しいけど大量に作ると最後煮崩れちゃって悩ましいですよね。

今日はそんな肉じゃがのじゃが芋を煮崩れずに煮る方法をご紹介いたします。

お料理作りの参考になれば幸いです。

肉じゃが.jpg


材料(必要に応じて増減してください)

しゃぶしゃぶ肉(豚、牛どちらでも)1p
じゃが芋 1P(4個)
玉ねぎ 1個
人参 半分〜1本
他お好きな食材(糸こんにゃく、椎茸、絹さやなど)
和風だし 適宜
みりん 大5
醤油 大5
お好みで砂糖

作り方
@ 人参は乱切り、玉ねぎはくし切りにしてサラダ油で炒める
A サッと火が通ったら水100t、和風だし、みりん、砂糖を入れて人参に火が通るまで煮る
B じゃが芋の皮をむいて適宜な大きさに切って水に晒す
C 人参に火が通ったら200tほど水を足して煮立ったら肉を入れる。(私はこの時肉が絡まないように一枚ずつ入れてます)醤油はこのタイミングで入れます。
D じゃが芋はシリコンスチーマーに入れてレンジで加熱する
E じゃが芋の加熱が終わったら他の具材が煮えた鍋に入れてひと煮立ちさせる
F じゃが芋が汁に浸るように混ぜてアルミホイルをかけて火を止める
G そのまま30分ほど放置するとじゃが芋にも味が染みて煮崩れていない肉じゃがが完成です

最近私はシリコンスチーマーを使う事にハマっていて、何かと言うとシリコンスチーマーを使っています。
茹で野菜などは簡単でガス代節約にもなるので、もしお持ちでなかったら1つ買っておくと何かと便利ですよ♪

シリコンスチーマー.jpg
posted by スマイルライフパートナー at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食

2023年12月02日

麻婆丼

本日は我が家の大人気メニュー、麻婆豆腐の麻婆丼をご紹介いたします。

これを作る事になったいきさつは、私が辛い味がどうしても苦手で料理屋さんとかスーパーコンビニで売られている麻婆豆腐が食べられないから自分で辛くない麻婆豆腐を作ったことがきっかけです。

この味付けなら小さいお子さんも喜んで召し上がるので小さいお子さんがいるご家庭で是非作ってみて頂きたい1品です。


材料(4人分)

豚ひき肉 100g前後
長ネギ 1本
木綿豆腐 1丁
中華系の旨味調味料(中華あじや香味ペーストなど)
みりん
赤味噌(又は甜麵醬。その場合はみりんは無し)
片栗粉
ゴマ油


作り方

@長ネギはみじん切り、豆腐は適宜な大きさに切る
Aフライパンにサラダ油を熱し、切ったネギをじっくり炒める
Bネギに色がついたら水100tほど加えて煮立ったら豚ひき肉を入れてほぐす
C肉がほぐれたらさらに水200tほど加えてみりん(大さじ3くらい)とうま味調味料を入れる
Dまた煮立ったら豆腐を入れて蓋をして5分ほど煮る
E味噌をお湯で溶いておく。量はお好みですが、多すぎるとしょっぱいので大さじ2〜4の間で調整してください。溶けたらフライパンにいれて味が全体に回るようにゆっくりかき混ぜる。
F片栗粉でとろみをつけて、火を止めてからごま油を回しかける
Gごはんにかけて完成


豆腐を入れた後はかき混ぜずにそのまましばらく放置してください。
そうする事で豆腐が崩れにくくなります。

丼ものにする必要なありませんが、お子さんはこうした方が食べやすいようです。

お料理作りの参考になれば幸いです。


マーボー丼


posted by スマイルライフパートナー at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 丼もの

2023年12月01日

煮込み豚汁うどん

かなり久しぶりの更新となりました。

月日の経つのは早いものです。

さて、今回はお店でもかなり人気の高かった豚汁うどんです。
豚汁に飽きたり、微妙に残ってしまった時に役立つレシピです。
これからの寒い時期にピッタリなので是非作ってみてください。

材料
豚汁
赤だし味噌
本みりん

鍋焼きうどん用のアルミ容器
ゆでうどん(チルド又は冷凍)
七味唐辛子


作り方
@豚汁をアルミ容器に入れて火にかける
A赤だし味噌とみりんを入れて味を調整する。
 味はお好みでいいですが、うどんが入る事を前提に濃いめで甘めにするのがベター
B汁が煮立ったらうどんを入れて麺をほぐす。
C麺がほぐれたら卵を入れてアルミホイル(又は鍋ふた)で蓋をして卵に火が通ったら完成です。
 お好みで七味をどうぞ。

豚汁うどん.JPG

豚汁を作るのが大変だという方はどこかのお店で買ってきて作るのもアリですね。

お料理作りの参考になれば幸いです。


posted by スマイルライフパートナー at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食


[PR]